ファンデーションの塗り方講座

ファンデーションの塗り方次第でイメージも変わる!


Page: 目指せ陶器肌!ゴスロリのファンデーションの塗り方

ゴスロリメイクといえば、陶器肌と呼ばれるビスクドールのようなマットなファンデーションが特徴です。

gosurorifundationtop

ナチュラルメイクとは対極にあるように見えるゴスロリメイクのファンデーションを塗るときに守りたいポイントを挙げます。

【1】ファンデーションを塗る前の下準備

ビスクドールのような肌を目指すので、選ぶファンデーションは色味が少ないものを選ぶとよいでしょう。肌が浅黒かったり、よりマットなイメージを目指すために、ファンデーションの前に白い日焼け止めクリームを塗るのも効果的です。

【2】場所や季節によってファンデーションを使い分ける

ファンデーションはラメ入りのものより、自然な質感になるタイプのファンデーションを選びます。

リキッドタイプは型崩れしにくく、シミやくすみなどを隠し顔全体を均一な色味に保つのがメリットです。

しかし陶器肌を演出するにはナチュラルすぎるところが難点ですので、ファンデーションを塗った後に

すぐにコンシーラーなどで質感を足すとよりゴスロリに合う肌になります

小鼻や口の周り、顎や首など、動きがあり型崩れしやすい箇所に使用します。

乳液状のファンデーションはリキッドタイプより更にカバー力が高いのが特徴です。

目の下の黒ずみなどに使用すると高いカバー力を期待できます。

しかし型崩れに弱いので、あまり動きがない頬や目の下のシミやクマ対策に、また汗をかきにくい季節に使用したいファンデーションです。

【3】肌という肌全てにファンデーションを塗る

いよいよファンデーションを塗ります。小鼻やアイホールなど窪んでいるところを埋めるように塗っていきます。

顔全体はもちろん、首など見える肌全部にファンデーションを塗ります。この時に、

毛穴を隠すように均一に塗るのがゴスロリメイクの特徴です。

ロリータファッションと化粧『http://www.t-hall.info/ 』でも言及されています。

顔全体に叩き込むようにファンデーションを塗りこむことによって、肌の凹凸が隠れ均一な質感になっていきます。このときにムラがあると、陶器のような滑らかな肌にはならないので、リキッドファンデーションを使用する場合は特にムラに注意しながら、全体の質感を統一していきます。

ファンデーションで肌の凹凸が消え、均一な質感になったら、ブラシでパウダーファンデーションをのせます。小鼻など細かい部分はスポンジで軽く押さえ、指などで軽く押さえ肌の熱を利用し密着させます。

最後におしろいを顔全体にはたき、余分な粉をブラシで落とすと、おしろいの粉っぽい質感が失せ、陶器のような肌ができあがります。

普段のメイクとは勝手が違うように見えるゴスロリメイクのファンデーションですが、目指す肌の質感や方法は違うものの、手順は普段のメイクとさほど変わりません。

美しい陶器肌を目指す重要なベースとなるファンデーション。アイメイクなど見た目に華やかな箇所ばかりに力を入れがちですが、土台である肌の質感が違うだけでメイク映えは驚くほど違います。ビスクドールのような美しい肌を目指しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>